ディーカレットコーポレートサイト

ニュース

デジタル通貨フォーラムNFT分科会を設立

凸版印刷、KDDI、NTTドコモ、HashPort、ディーカレット、 デジタル通貨フォーラムNFT分科会を設立

凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下、凸版印刷)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下、KDDI)、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊 基之、以下、NTTドコモ)、株式会社HashPort(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 世博、以下、HashPort)、株式会社ディーカレット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:時田 一広、以下、ディーカレット)は、20211124日(水)にデジタル通貨フォーラムNFT分科会を設立しました。

 

  • デジタル通貨フォーラムNFT分科会について

デジタル通貨フォーラムNFT分科会は、NFT1(非代替性トークン)領域におけるデジタル通貨の利用について検討と実証実験を行い、今後成長が期待されるNFT領域におけるデジタル通貨決済の普及に向けた課題の特定と解決策の提案を行うことを目的としています。第一フェーズとして、NFTマーケットプレイスでの決済を想定した実証実験(以下、本実証実験)の検討に着手しました。

  • 実証実験の概要について

本実証実験では、デジタル通貨に対応したNFTマーケットプレイスを構築し、デジタル通貨決済を実現する付加領域とデジタル通貨を管理する共通領域によって構成される二層構造デジタル通貨による流通を検証する予定です。

 付加領域におけるデジタル通貨は、NFT特化ブロックチェーン「パレット(Palette)」で発行され、共通領域におけるデジタル通貨は、ディーカレットが提供する技術基盤で発行される予定です。「パレット」上のNFTマーケットプレイスにて販売されるNFTをデジタル通貨で決済することを想定しています。

 

実証実験の構成イメージ

 

  • 二層構造デジタル通貨とは

デジタル通貨フォーラムでは、人々の利便性向上や経済の発展に寄与する新たなデジタル支払決済インフラのあり方について深く検討されてきました。その結果「二層構造」を持つ、円建てのデジタル通貨の開発と、その実用化に向けた取り組みが進めてられています。

  • 共通領域とは

共通領域は、 本スキームの下で発行されるデジタル通貨全てが共有する構造であり、価値の情報を含み、発行や償却を担うことになります。これにより、デジタル通貨間の「相互運用(interoperability)」が確保されることが想定されます。

  • 付加領域とは

付加領域は、さまざまなビジネスニーズに応じたプログラムを書き込むことができ(すなわち、「プログラマビリティ」を実現でき)、デジタル通貨の流通を担うことになります。これにより、支払いと決済と物流・商流等とのリンクや、モノやサービスと資金との同時受け渡しなど、多様なビジネスニーズに応えることが可能となります。

  • NFT特化ブロックチェーン「パレット」(付加領域)とは

パレットは、NFTNon-Fungible Token)を利用したコンテンツ流通に最適化されたブロックチェーンネットワークであり、日本発コンテンツのNFTを通じた流通強化を目的にしています。異なるブロックチェーン同士をまたぐNFTのクロスチェーン技術を実装していることも大きな特徴であり、パレットで発行したNFTを、イーサリアム(Ethereum)を始めとする他のブロックチェーンネットワークに転送することも可能です。株式会社Hashpaletteによって20203月から研究開発が進められ、20213月よりテストネットが、20218月よりメインネットが運用開始されました。

1 NFTNon-Fungible Token)とは、ブロックチェーン上で発行され、唯一無二性を証明することができ代替が不可能なトークンのことを指します。

 

【ディーカレット】デジタル通貨フォーラムNFT分科会.pdfをダウンロード