ディーカレットコーポレートサイト

デジタル通貨フォーラム構成

デジタル通貨フォーラムは、約60以上の企業・団体と有識者、関係省庁により構成され、実⽤化を⾒据えたデジタル通貨の発⾏・管理等の中⼼部分、デジタル通貨を利⽤したユースケース検討を⾏っております。

分科会

インダストリーごとにデジタル通貨を利⽤したユースケースを検討します。分科会ごとに幹事企業主導の元、参加企業と意⾒交換を⾏
いながら、ユースケースの決定、概念検証(PoC)の検討を⾏います。優先度が⾼く、企業側の取り組み意欲の強いユースケースから先⾏して分科会を⽴ち上げております。

共通領域分科会

参加銀⾏のご意⾒をいただきつつ、開発主体企業が2層型デジタル通貨のプラットフォームに必要な要件やスキームについての整理を
⾏います。

シニアアドバイザー

デジタル通貨の制度や仕組みづくりにおいて、⾦融やテクノロジー
の専⾨的な視点でアドバイスを⾏います。

アドバイザー

デジタル通貨という新しいテクノロジーを社会インフラ として実装していくにあたり、法的、経済学的、会計学的な専⾨的視点でアド
バイスを⾏います。

オブザーバー

デジタル通貨発⾏の検討状況をご報告し、意⾒交換を⾏います。

事務局

デジタル通貨フォーラム全体の取りまとめや、分科会の運営サポートを⾏います。

テクニカルサポーター

分科会に対し必要に応じてブロックチェーンに関する専⾨知識やナ
レッジの共有、技術的なサポートを⾏います。