ディーカレットコーポレートサイト

ニュース

総額67億円の第三者割当増資による資金調達を実施

デジタル通貨のメインバンク DeCurret(ディーカレット) 総額67億円の第三者割当増資による資金調達を実施

~デジタル通貨プラットフォームの開発を本格化~

 

株式会社ディーカレット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:時田 一広、以下:当社)は、筆頭株主である株式会社インターネットイニシアティブをはじめ、KDDI株式会社、日本電信電話株式会社(NTT)、株式会社三井住友銀行、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社ゆうちょ銀行、綜合警備保障株式会社(ALSOK)、三菱商事株式会社、SBIホールディングス株式会社、セコム株式会社の合計10社と総額67億円(払込:本年326日)の出資契約を締結しました。

 

【背景】

日本におけるデジタル通貨のリーディングカンパニーを目指す当社は、昨年6月よりデジタル通貨勉強会、後継となるデジタル通貨フォーラム(現在の参加企業数55社以上)の事務局を務め、デジタル通貨実現のための取組みを積極的に行っております。世界では中央銀行デジタル通貨(CBDC)や法定通貨を価値の裏付けとした暗号資産の発行など、デジタル通貨の実現に向けた動きが拡大しています。デジタル通貨プラットフォーム開発や企業とのパートナーシップをさらに強化し一体となってデジタル通貨の世界を実現するべく、今回の増資を実施する運びとなりました。

 

【目的】

今回の調達では、民間発行デジタル通貨の実現と企業独自のスマートコントラクトの実装を可能にする二層構造デジタル通貨プラットフォームや、ブロックチェーンを利用したあらゆるデジタル価値の交換プラットフォームの開発体制を強化し、事業加速に繋げます。

 

【出資企業】※は既存株主企業

株式会社インターネットイニシアティブ ※

(筆頭株主として増資総額の30%20億円を出資) 

KDDI株式会社 ※

日本電信電話株式会社(NTT)

株式会社三井住友銀行 ※

株式会社三菱UFJ銀行 ※

株式会社ゆうちょ銀行

綜合警備保障株式会社(ALSOK)※

三菱商事株式会社

SBIホールディングス株式会社

セコム株式会社

 

【ディーカレット】67億円の増資_20210323.pdfをダウンロード